日本では当たり前にあるものが南米で買えない⁉

元病弱な私と、元アレルギーの甥っ子が共同生活!

健康的な生活を送る為に試行錯誤。

実践して良かったものを、使い方や購入方法を交えてご紹介します。

 

 

健康的な生活を送る為に必要な物と入手方法

健康的な生活を送る為に、いろいろと挑戦しています。

健康な生活をしていると、必要なものが少なくなることに気が付きました。

 

結果、お金があまり掛からなくなるんです。それでも購入しなくてはならないものがあります。

実際に必要な物など、現地で手に入るものや、入らないものの入手方法についてお話ししていきます。

 

 

食生活

アレルギーが良くなった食事は油を変える事でした。

植物油は、遺伝子組み換え作物から科学的な抽出方法で出来ているものが多く要注意です。

 

油は、エクストラバージンオリーブオイル・ごま油・ココナッツ油・ラードのみにしました。

エクストラバージンオリーブオイルはオーガニックのもの。

ごま油は、南米で作られたもの。

ココナッツオイルはオーガニックのもの。

ラードは地元畜産の豚さんの油です。

 

南米はお肉が美味しいくとても安いです。

こちらも、牛肉・豚肉が地元の牧場で飼育されているものが農協スーパーで購入できます。

「南米の肉は固い!」と言われていますが、こだわりの育て方をしており、やわらかいお肉が食べられます。

 

野菜も地元産の低農薬、無農薬の野菜が手に入ります。

ちょっと心配な時には重曹水で洗うよう心がけています。

 

お米は日系人農家さんの安心できるとても美味しい日本米です。

低農薬で充分管理されていると聞いています。

 

ここ、日系移住地では、味噌や醤油、納豆、漬物、ソースまで手づくりしています。

基本はこの食材で野菜多めの食生活で回しています。

 

重曹は1Kg単位で購入です。

これは、全部地元で購入できるものばかりです。

 

マグネシウムペレットを水差しに入れておくと、アルカリイオン水ができます。

また、重曹水を飲むことでカラダの酸化を防ぐことが出来ます。

 

掃除

酵素 0

掃除には、洗剤や漂白剤は使いません。

手作り石鹸・重曹・クエン酸・手作り乳酸菌・アルコールを使います。

 

掃除で使う手作り石鹸は、農協スーパーで購入。

基本、我が家では油を使わないので廃油が出ません。

石鹸を作って売っている人がいる事に感謝です。

 

重曹、クエン酸は1Kg単位で購入できるのでとても便利です。

クエン酸はレモンやお酢で代用できます。

アルコールも消毒用アルコールを購入します。

 

手作り乳酸菌は、トイレや生ごみの消臭効果があるので、掃除には欠かせません。

 

洗濯

洗濯には洗濯洗剤、漂白剤、柔軟剤は使いません。

マグネシウムペレットと重曹を洗剤の代わりに、手作り乳酸菌を柔軟剤代わりに入れます。

 

最初、手作り石鹸を細かくして使ってみたのですが、酸化した臭いが若干残るので止めました。

さすがに汚れのひどいものは手洗いしします。

 

マグネシウムペレットも重曹も手作り乳酸菌も雑菌を防ぐ効果があるので、洗濯洗剤を使ったものと変わらないどころか、生乾きの臭いもありません。

 

最近では柔軟剤の臭いでアレルギーが出てしまう人も増えています。

環境にやさしく人にもやさしい、この洗濯方法はお勧めです。

 

マグネシウムペレットは日本のインターネットショッピングで購入しました。

 

お風呂

風呂桶は南米製。日本人向けに「OFURO」という商品を作っている会社があります。

やはり日本人ですから、湯舟があるのはうれしいです。

重曹を入れた重曹風呂はカラダをリセットしてくれます。

 

ボディソープ、シャンプー、リンスは使いません。

私が手作りした、なんちゃってマルセイユ石鹸です。

オリーブオイル、ココナッツオイル、ラード、苛性ソーダで作っています。

苛性ソーダはスーパーで手に入ります。

さすがにパームオイルが手に入らないので、代わりにラードを入れて作っています。

 

歯磨きは、重曹歯磨き。重曹水でうがいをしています。

虫歯にならないのは、歯磨き粉を辞めたからではないかと思います。

 

 

手に入らないと思ったけどあったもの

日系移住地は日本様式の生活をしている人が多い為、日本にしか無いようなものが意外とあります。

  • お風呂用ボディータオル(普通にスーパーで売ってました)
  • 炊飯器(日本製、韓国製、中国製)
  • ガスコンロ(日本製、韓国製、中国製)
  • 風呂桶(日本製、南米製)
  • 日本酒・焼酎(表示があやしいものもありますがw)

それ以外にも、日本の100円ショップから仕入れをしているお店や、韓国、中国からの輸入店などがあるので割と不自由なく手に入る様になりました。

 

ガスコンロ?と思うかもしれませんね。

南米のガスコンロは使い勝手が悪いんです。

 

欲しいけど手に入らないもの

  • マグネシウムペレット
  • パームオイル
  • 日本の書籍(キンドル版もダウンロードできないかも)
  • 靴(あるにはあるのですが、日本人の足に合う靴を探すのは難しい)
  • 電子辞書(スマホの翻訳アプリで済んでしまう可能性もありますが)

 

こちらにもナイキ、アシックス、アディダス、ミズノ、フィラなどのスポーツメーカーを取り扱うショップがありますので、ウェアや靴などが手に入ります。

 

手に入らないものはどうするか!?

簡単なんです。

インターネットショッピングです!

日本のショッピングサイトで購入して送ってもらうのです。

 

海外発送を受け付けないショップも多いのですが、その際には海外発送代行業者を利用します。

複数のショップで買い物をする際、まとめて発送もしてくれるので便利です。

 

アメリカアマゾンの代理購入をするお店があるのでそこを利用する方法もあります。

 

映画や書籍のキンドル版は地域でダウンロードできない場合があります。

日本にいるうちにダウンロードしてくることをお勧めします。

 

まとめ

実は、今回記事を書こうと思ったのは、こちらで手に入らないものの紹介と、日本から持ってきたほうが良いものをお伝えしようと思ったのです。

しかし、書き出してみると意外とこちらに来てからでも手に入るという結果になりました。

 

それでも、こちらでは日本製品は輸入品です。

日本で購入したほうが安く手に入るのは間違いありません。

 

荷物が増える事も考え、日本で購入してきた方がいいものは何かを吟味してみる必要がありますね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました