ゴエモン登場!! 南米で子猫が生まれて忙しい時にやってきた子猫#3

ヒメの出産が年に2回もあり、子猫4匹を合わせて5匹の大所帯になったにょうぶぅ家!

 

そんな時にやって来た子猫がゴエモンです。

 

にょぶぅ

5匹のねこちゃんがいるのに6匹目のゴエモンが家族になりました。

前回までのお話しはこちらから♪

南米で犬、猫とまったり暮らしています♪国によって違うペットの概念#1
南米に移住して、7年になります。 ここで生活していく上で、いろいろと日本との違いを感じてきました。 動物、ペットの概念の違いには、戸惑いすら感じたほどです。 南米でのペットの概念 日本と南米では犬や猫...
南米で生まれた子猫たち ~長女みかんが産まれてから~#2
南米で拾った猫と、もらって来た犬との暮らしは楽しいものです。 トノ(犬)は、番犬としても助けてくれますし、ヒメ(猫)は一日の疲れを癒してくれます。 ヒメが脱走!! 家の中だけで飼っていたヒメは脱走するクセが...

ゴエモン登場!!

迷い猫のゴエモン

話しは前後するのですが、3姉弟がうまれて数週間した雨の日、家の前に汚れて雨に濡れ、震えている子猫がいました。

目には、猫のスプレー式の薬が掛けられて見えていない様子。

「ニャ~ニャ~」って鳴きながらついてくるんです。

 

「既に5匹のねこちゃんがいるから連れていけない・・・・・。」と思いつつ、置いておくことも出来ません。

早速、連れて帰りお風呂に入れました。

 

にょぶぅ

おとなしくて可愛い子猫だったんです。

こちらでメジャーなスプレー式の傷薬を目に掛けられてしまっていて目が開けられなくなっていました。

暖かいお風呂で温めて、目をきれいにしてあげましたがやはりひどい状態です。

 

にょぶぅ

出来るだけの事はしてあげたい。

 

ゴエモン仲良くできるかな?

子供たちと一緒にヒメに甘えるゴエモン

さて、5匹のねこちゃん達とうまくいくのか!!と、思ったのは取り越し苦労でした。

他の子と一緒にヒメに甘えています。

さすがにおっぱいは飲まなかったけど、おっぱいを飲んでいる子供たちと一緒にヒメにべったりです。

 

そして、ヒメが子猫達におっぱいをあげている上にど~~~~ん!と乗っかるゴエモン

子供たちの上だってお構いなしです。

 

にょぶぅ
にょぶぅ

私が寝ているところにもやってきてカラダの上に乗るんです。

誰かれかまわず、上に乗ると安心するようです。

とにかく、誰の上にでも乗るのです。 それでも、誰も怒りません。

ママねこヒメちゃんも、自分の子と同じように接しています。

 

それから、毎日ゴエモンの目の治療です。少しづつ良くなって見えるようになって来たようですが、つぶれ気味の目は元には戻りません。

 

にょぶぅ
にょぶぅ

失明はしなくて済んだようで一安心です。

そして、、みんな仲良く育っていきました。

 

ゴエモンの脱走癖

ママねこヒメと、ゴエモンは、「ニャ~ニャ~(外に出せ~!!)」といつもうるさい。

ドアを開けるとスキを見て外に出ちゃうし手に負えません。

 

なる様にしかならないと、外に出すようになりました。

家の周りでのびのびとしているゴエモンを見ると、猫なんだから当たり前なんだなぁ~と思うようになりました。

いやー、やっぱり家の中だけじゃストレス溜まるんでしょうね。

 

外ねこ経験のあるヒメだって、家の中でおとなしくしている訳がありません。

授乳が終わるころには、外に出てのんびりしています。

 

遠くに行くわけでもなく、家の周りにいるんです。

ヒメトノ(犬)のところで日向ぼっこしています。

家の中はねこだらけ

みかん まろん ゴエモン

もう、家の中は、ねこちゃんでいっぱいです。

 

子猫だからいいようなものの、これから大きくなっていくのに、これ以上増えたら手に負えません。

ねこトイレも6個用意して、餌だって離乳食を作り、毎日大忙し!!

そして、前回書いたノミ問題が起きているんですからやる事が多くて大変です。

 

毎日のブラッシングと週1のお風呂。 6匹ですよ。

一気にお風呂に入れないとお風呂に入れた子にまたノミが飛び移るだろうし、気合入れないと出来ません。

 

ヒメちゃんには、授乳が終わって落ち着いた頃に避妊手術を受けました。

 


我が家のお引越し

我が家が引っ越すことになりました。

いきなり全部移動するわけではなく、仕事場を他に設ける事になったので子供たちから移動させることにしました。

 

この頃くぅちゃんが、寝たきりになってしまっていたので、くぅちゃんから移動です。

くぅちゃんが生まれて2か月の頃でした。

私はくぅちゃんと一緒に仕事場に拠点を移し集中的に看病することにしました。

 

トイレだって行けないからいつもカラダを拭いてあげ、寝床の敷物も洗い替えをたくさん用意して、餌も口に運んであげる毎日です。

そんな日が3か月ほど続きました。 この時点で寝たきりの期間の方が長くなっています。

 

お医者さんも、お手上げの状態でしたが諦められません。

そして、3か月を過ぎた頃から少しづつ歩けるようになってきたんです。

「いける!!」と思いました。

 

そんな時に、今度はまろんがフラフラし始め歩くのもやっとになってしまいます。

まろんも、くぅちゃんと一緒に介抱することに決めました。

兄弟が別々に過ごすのも可愛そうなので、めろんも一緒です。

 

一緒に生まれた3匹は、一緒に暮らすことになりました。

そんな折、獣医さんがお隣の家に往診に来ていたので診て頂きました。

 

「効くかどうかわからないけど、この薬を買って飲ませて見なさい。」と処方箋を頂き、

その薬を飲ませたところ、まろん回復!

 

くぅちゃんは、元気に歩き回れるようになっていましたから、全員元気を取り戻したのでした。

よかったよかった。

 

4姉弟集合

3姉弟が落ち着いたので、長女みかんも合流。

4姉弟は、離れていたにも関わらず仲良くらし始めました。

 

3姉弟は、みかん姉ちゃんが大好き!! みんなでみかんに甘えています。

みかんも、妹弟をとても可愛がってほのぼのしています。

 

ヒメゴエモンですが、昼間は外、夜は家の中という生活になっていたので、もう少し様子を見る事にしました。

 

さて、この続きはまたの機会に。

 

前のお話しは、下のリンクから読むことが出来ます。

南米で犬、猫とまったり暮らしています♪国によって違うペットの概念#1
南米に移住して、7年になります。 ここで生活していく上で、いろいろと日本との違いを感じてきました。 動物、ペットの概念の違いには、戸惑いすら感じたほどです。 南米でのペットの概念 日本と南米では犬や猫...
南米で生まれた子猫たち ~長女みかんが産まれてから~#2
南米で拾った猫と、もらって来た犬との暮らしは楽しいものです。 トノ(犬)は、番犬としても助けてくれますし、ヒメ(猫)は一日の疲れを癒してくれます。 ヒメが脱走!! 家の中だけで飼っていたヒメは脱走するクセが...

 

続きはこちらから

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました